高岡のゲストハウス | GUEST HOUSE IN TAKAOKA

20151023_TGH_TL-338敷地は富山県、高岡市。新築当時は2世帯住宅として使われ、現在は祖母が一人暮らしをしている。既存の建物を住みながら少しずつ改修する。祖母の住まいの増築と改修を行なった後、既存の小屋組を移設して客を招くダイニング、ゲストルームをつくる。瓦屋根に加えて、庭にある松や楓、灯籠、欄間、雪見障子や、この街の伝統産業の銅器などの既存のマテリアルを残しながら、3つの分棟に再配置する。形を変えながら建物の歴史や時間を引き継ぐことを考えている。

3e26ccb1884a17d131d0e79457b6fc32

TGH_05

th_外観1

th_食堂1

th_中庭1

th_屋根

竣  工 | 2016年
用  途 | 住宅+ゲストハウス
設  計 | ノウサクジュンペイアーキテクツ  能作文徳建築設計事務所(共同設計)
施  工 | モノ・スペースデザイン(1期工事)オーデック(2期工事)