赤羽台団地のリノベーション | renovation in akabanedai-danchi

間取り比較文字入りenglish

団地の一室を賃貸物件に変えるためのリノベーションである。不特定多数の人が使うことを想定し、あまり作り込まず、なるべく広くすることが望ましいと考えた。そこで、最小限の要素で作られたワンルームマンションの間取りを参照し、それをそのまま拡大したような形にした。居間だけでなく、キッチンカウンターや浴槽、洗面台など住宅の要素を全て拡大することで、例えば湯沸ししかできないキッチンも料理教室の調理台のように、洗面台と便器を詰込んだユニットバスもホテルのバスルームのように、居間はちょっとしたお店や事務所であれば、お客さんを招くスペースにもできる。小さな部屋で構成された間取りだと、そこに住む家族だけが占有し、家族以外の人は入りにくいが、全てを大きく作り、スケールアウトすることで人を招き、自由に使ってよいような寛容な空間にかわる。

akabane03(low)

akabane05(low)

akabane06(low)

akabane04(low)